事務チェアーの特徴と選び方のコツ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

オフィス家具の中でも長時間触れるアイテム「事務チェアー(事務イス)」の特長や、自分に合った事務チェアーの選び方のコツについてです。

事務チェアーの特徴と基本機能

当店で「事務チェアー」とは、
基本機能として脚部にキャスター、上下昇降機能、背もたれアジャスト機能が付いているものを指します。

●キャスター
脚部についている車輪です
●上下昇降機能
座面の高さを調整できる機能
●背もたれアジャスト機能
背もたれの角度をを調正できる機能
キャスター 上下昇降機能 背もたれアジャスト機能

背もたれの大きさ(ローバック~ハイバックタイプ)、座面の広さ、クッションの厚さなど、
イスによってさまざまな特徴・機能があります。
最近は本当にいろいろな機能がありますので、一度メーカーサイトを見てみると良いです。

肘付きと肘無しの事務チェアがありますが、一般従業員には肘の付いていない事務チェア、上役の方には肘の付いた事務チェアを選択することが多いです。
肘付きタイプはイスの横幅や肘部の高さによっては、机に収納できない場合があるので注意が必要です。

 

事務チェアーを選ぶときのポイント

一番オススメの事務チェアの選び方は、「実際に座ってみて自分にフィットしたものを選ぶ」です。
というのは、オフィス家具の中でも一番自分の体に触れるアイテムだからです。
各メーカーサイトでも、自分の体に合った快適なイスを選ぶためのポイントが紹介されています。
コクヨ:“快適なイス”ってどんなイス? | コクヨ
内田洋行: オフィス関連商品 チェア
オカムラ:オフィスウェルネス イスの正しい選び方

ですので、写真などの見ための判断で購入するより、実際座って自分にフィットしたものを選ぶのが賢明です。
(当店に来店いただければイスの座り心地などを試していただくことができますよ。)

外国製や定価でも安価な事務チェアだと、耐久性が国産品などに比べて劣る場合があるので、
使う頻度や用途を考え選択した方が良いです。
長時間デスクワークされる方は、国産の国産の定価ベースでおおよそ3万円以上(中古で5,000円以上)の品で、
見た目に惑わされず、重量のある作りのしっかりとした品を選ぶことをお勧めします。

当店の、中古品で数が単品のものや半端な数の事務椅子はお値打ちなものが多いです。
時期によっては半額セールになるものもあります。
当店取り扱いの中古事務チェアーはこちら

選ぶ時のポイントまとめ

  • 使う頻度や用途を考えて選ぶ
  • 実際に座って自分にフィットしたものを選ぶのがオススメ

 

ここに書いてある事務チェアの特徴だけでなく、
お客様の好み・ご要望に合わせて当店スタッフがオススメ商品をご提案します。
お気軽にご来店、お問い合わせください!

お問い合わせ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>